【問題点を紹介!】マルタ共和国で不動産を購入するデメリット

 

長期間暮らしていたからこそマルタの問題点をいくつか感じました。

観光本や旅行会社では良い所ばかりを紹介してくれますが本当に旅行を楽しむためには問題点や欠点を事前に知っておく必要があります。

知ることによって対策を立てることが出来、回避することも出来るでしょう。

そこで私が感じた5つの問題点を紹介します。



マルタで暮らす5つのデメリット

①交通渋滞がひどい

マルタでは1人当たりの自動車数はヨーロッパで最も高い位に位置し、ほとんどの家庭は自動車を所有しています。

2016年6月時点では、公認自動車の台数は352,671台であり、

2019年で成人が365,127人と国家統計局は報告しているため、

ほぼ全員の成人が自動車を保有していることになるのです。そのため、東京23区よりも小さな国面積に対して自動車があふれることになっています。

コミュニティがせまい

誰と誰が付き合っているのか。誰と誰が一緒に仕事をしているのかなど

「誰かがしたことは誰もが知っています。」

マルタは東京23区よりも小さい国の中に40万人以上の人々が生活しているため、世間はせまいです。

悪い噂が簡単に広まり、ご近所付き合いがうまくいかなくて引っ越したとしてもその先の人はご近所さんの知り合いだったなども比較的高い確率で起こることのようです。

③暑すぎる日が続く時がある

最低でも300日以上晴れの日であるマルタの天候は良い点でもありますが、

何十日間も連続で晴れている日が続くため、

体調を崩したり、暑さに耐えられない…

それは大きな問題です。

実際、ジメジメとしているので外で立ち止まっているだけでも汗をかきました。

④虫が多く発生する

晴れの日が多く、ジメジメとした日も多いので虫にとっては住みやすい環境となっています。

マルタで最も多くみられるのが

「ハエ、蚊、ゴキブリ」です。

ハエは猫にエサをあげる為に魚を与えるためです。マーシャルロックなどの漁港では特に多いです。

蚊は水溜まりから発生する生き物で雨はあまり降らないのに何でだと思うことでしょうが干潮の時間帯に出来る海岸のくぼみに溜まった海水を利用していると考えられます。

ゴキブリは温かい気温と食べ残しなどがある環境を好みます。

マルタでの環境は絶好な条件ですが東南アジアなどに比べると全然少ないですし、ヨーロッパの中では条件が揃っているというだけの話です。

⑤長期間生活すると行く場所がない

マルタに到着した頃は、たくさんの観光地に行って見たこともない景色を色々と見て楽しむことでしょうが

時間が経つにつれ、

全部、行ったことあって行く場所なくね?

多くの人がこのように感じています。

マルタで行く場所がなくなってもユーロ圏内に格安で観光することが出来ますし

四季折々の祭りやイベントが開催されるのでそこまで気にすることはないですが

知っておくと事前に旅行の予定を立てたり出来るのでより有意義な生活となります。

最後に

人によって問題点と感じることは違うのでこれよりもまだまだあるかもしれないですが

多くの人々が悩む5つの問題点は海外の人も

同じようなことを考えているようです。

マルタで永住したいと考える人もしっかりと問題を認識したうえで手続きを進めていくと納得の行く形になっていくでしょう。

 

こちらからは以上です。

 

【いくら必要なの?】マルタで賃貸物件を借りるための知識

【良いところを紹介!】マルタ共和国で不動産を購入するメリット

 

 

今、求められる英語能力

英語が出来るようになると

どこでも生活ができるので、人生の自由度が格段に上がり、年収さえも上がると言われています。

英語を最速で習得するには「話す・聞く」が不可欠であり、日本人が最も劣る分野。

いざ、英語で会話してみたくても

  • 英語を話す友達がいない
  • 英会話に通うお金がないから無料体験して合わなかったらすぐ辞められたらいいのに..

そんな理由で英語を遠ざけていました。

同じような悩みを抱えている方に【ネイティブキャンプ】が英会話体験におすすめです。

今なら、7日間、無料体験が出来ます!

【布団の中からマルタ】について

大好きな【布団の中から】死ぬまでに一度は行きたい国【マルタ】の情報を簡単に知れるように名付けました。