【おすすめエリア紹介】ブラックフライデーとは?マルタで行ってみた

 

黒い金曜日ってなんだ!?

ブラックフライデーの意味を知らない人は、こんな疑問を持つかと思います。自分もそうでした。日本でも2016年から注目されるようになり、我消費者にとっては

逃すことのできない得する日だったんです。

そんな何も知らなかった自分が日本ではなく、ヨーロッパのマルタで

初めて体験したからこそ、たくさん知ることが出来たブラックフライデーとは何か、損をしないためにすべきことなど詳しく紹介していきます。



ブラックフライデーの由来

日本語に直訳すると「黒い金曜日」になりますがどういうことなのか。

由来とされる説は2つあります。

店舗から来た由来

買い物客に日頃の感謝を伝える感謝祭として9割引きされた商品やほぼ全品セール品として扱われるため、多くの人々が店に押し寄せます。次々と商品は購入されることで売り上げは確実に黒字になるのです。この「ブラック」の意味は「黒字」から由来されているということです。日本でも売り上げのことを黒字、負債のことを赤字と呼びます。

本来、英語では

  • surplus (名) 黒字
  • deficit (名) 赤字

なのにどこからブラックが来たのか。

それは新聞やニュース、経済評論家が

「in the black (熟) 黒字」で取り上げていたことからブラックが定着していったそうです。

警官から来た由来

日本でも、近年耳にすることが多くなった言葉があります。

  • 残業が多すぎる
  • 休日がない
  • 離職する人が多すぎる
  • 業務が給与に見合っていない
  • サービス業務 

これらの特徴の企業をブラック企業と呼ぶかと思います。

週末の金曜であるにも関わらず、アメリカではこの人日を祝日としているため、多くの人々が車や交通機関を使ってショッピングを楽しみます。そのため、渋滞や事故、交通整備にトラブルなど警官にとっては超多忙な1日になるのです。そんな一日を嘆いた警官の1人が「ブラックなフライデー」と言ったことが世間に定着していったそうです。

なぜ、行うのか?

アメリカ発祥のイベントで年間儀式となる

クリスマス期間の前

感謝祭(Thanksgiving Day)として

ブラックフライデーを開催します。

小売業者は、特にクリスマス支出を利用するために生産を進めるため、

11月の売上高の不振に対抗するためにこれまでに生産された、古い在庫を一掃するためにイベントとして行います。新しい製品を作っていくためには、企業は売り上げを伸ばしたい、買い物客はブランドなどの掘り出し物を手したいとそれぞれが考えています。

いつ開催されるの?

感謝祭(毎年11月第4木曜日)の翌日の金曜日がブラックフライデーです。

11月第4金曜日のブラックフライデーより1年で最も重要なクリスマス商戦が開始し年末商戦へと繋がる最初の商戦なので企業にとっても大事なイベントです。

今年のブラックフライデーの日程は

2019年度 11月29日

アマゾンのセールは22日(金)~24日(日)

このようになっています。

どれくらいの期間行うの?

基本的にはブラックフライデーというだけあって金曜日の1日だけですが、それぞれのメーカーの戦略があり、週末までセールをするところもあります。

実際、マルタでも金曜日で売れなかった商品をそのまま、週末に出していましたが当日に比べると割引価格が

だいぶ、違うので1日に集中して買い物することを勧めます。

日本では20%オフ程度しか安くなっていませんが

マルタでは70%~90%

安くなっている所があります。

マルタのおすすめ場所

どこに行くのがいいのかわからない方に

当日、行ってよかったなと思う場所の紹介をします。

①THE POINT

スリーマにある大型ショッピングモール。

数多くのファッションブランドやおもちゃ屋さん、小腹が空いたらご飯も食べることが出来るので1日の限られた時間で多く回りたい人によっては効率が良い場所です。

②ZARA ザラ

ジャケットなど9点を買って1万円ほど。

日本では高めのブランドですがイタリアの企業なのでマルタでは日本ほど高くありません

しかも、店舗面積が大きく、安くイタリア人のようなオシャレになりたい方は必ずGOです。

香水や「ZARA HOME」もあるので衣類以外の掘り出し物が見つかるかもしれません。

「①THE POINT」から歩いて10分もかからない場所にあります。

③Sliema(スリーマ)エリア

「POINT」や「ZARA」などがあるエリアはブラックフライデーでなくてもお土産や名産品などが安い場所です。

裏路地に入るとオシャレな店や「adidasショップ」などがあるので足を運ぶと思いもよらぬ、掘り出し物が見つかるかもしれません。

④Valletta(バレッタ)エリア

バレッタエリアもスリーマと同様に普段から空港や観光客向けの地域よりも安い場所です。

とくにバレッタシティゲートから伸びるメイン通りには多くのファッションブランドや洋服屋さんがあるので多くの場所を周ることが出来ます。メ

イン通りから東西南北に広がる路地には古くからある店や観光本には載っていない名所があるので穴場スポットです!

最後に

ブラックフライデーで前に購入しようと思っていたものを購入した場合にのみ、低価格を利用するのが理にかなっています。

しかし、より安さを求めるがあまり、購入しようと思ってなかったものを低価格で利用しても満足度はなく、そのような衝動買いの物は長く使わないような物であることが多いようです。安く、自分の欲しい物をたくさん買う1日にしましょう。

 

こちらからは以上です。