【なんで反対なの?】スピノーラ湾のLOVEに込められた思い

 

マルタには多くの美しい観光地がある中で最も謎ともいえる場所があります。

Malta Love Statue

マルタ スピノーラ湾のLOVEの像

”LOVE”をわざわざ、逆さまに作るからには何か意味があるのだろうと思い、調べてみると

そこには製作者が込めた思いがありました!

設置場所や思いなどを詳しく紹介してきます。



キリスト教の”LOVE”の意味

キリスト教徒にとって

LOVE=慈愛・神

このような意味があるようです。

慈愛とは?

親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情のこと。出典 デジタル大辞泉の解説

単なる”愛”なのではなく、もっと深く愛するような意味や

LOVEには神が宿るとも考えられていました。

LOVE像は反対の声が多かった?

記念碑として建てられたモニュメントは

観光客が初めてこの像を見た際に

不思議がる人は少なくないようで地元住民から

  • 奇妙な構造だ!
  • スピノーラ湾を台無しにしてくれた!
  • 穏やかな海の景色の邪魔だ!

このように逆さまに造られたLOVEの像を

良く思わない人はかなりいたようです。

込められた意図を知るまでは…

なぜ、LOVEは逆さなのか

大きく分けて2つの理由が存在します。

1. 水面反射の原理

科学的な話になりますが、水面に映る文字は鏡やガラスのように凸凹のない平らな面であったとき、光の入ってきた角度(入射角)と跳ね返って出ていく角度(反射角)が等しくなり、水面に投影された反対の姿を見ることができるのです。

つまり、

水面に映るLOVEは逆さまにはなっていない!

ということなのです。

2. 影による投影

天気の良い日にはモニュメントの日光が当たり、影が出来ることによって

地面に”LOVE”の文字が映し出されます。

つまり、

地面に映るLOVEは逆さまにはなっていない!

ということなのです。

なんで水面に映るようにしたの?

これはLOVEの像から海を眺めた景色です。

多くの船が停泊しているのがわかります。

この船はルッツと呼ばれる色鮮やかな小さな漁船のことでスピノーラ湾は漁師が船を置く港となっています。

疲れて帰ってきた漁師がスピノーラ湾を見ると

水面に映るLOVEの文字が深い愛で感謝しているという素敵なお出迎えをしているのです。

観光におすすめの時間は?

1. 日が沈み、真っ暗な時間帯

LOVE像は夜になるとライトアップされるため、水面に映った文字を見やすくなります。

2.日が昇るから11時ごろまで

LOVE像から海を見る方角は東です。そのため、東から西に沈む太陽が影を作り出します。

波が穏やかで凹凸がなければ、水面にも文字が見えます。

込められた思い!

逆さまにされたLOVE像は水面や地上、朝から晩まですべての時間で正面のLOVEとして見ることが出来ます。

普段は厳しいことを言ってしまったり、喧嘩をすることだってあるかも知れないけどどれもが愛情の裏返しで本当は深い愛情を持っていることを表しているです。

これらの理由で地元住民からも愛される作品となり

国際建築アカデミーの章を受賞しました。

景色だけじゃない楽しみ方

カップルや夫婦が”LOVE”の下で

永遠の愛を誓うために

南京錠にお互いの名前を書き、決して外れることのないようにカギをかけるのです!ゲン担ぎでしかありませんが

恋人の聖地としても考えれている場所となっています。

注意事項

1.天候の状況に左右される

太陽が出ていなければ影は出来ず、風によって水面に凹凸が出来てしまうと乱反射してしまうため見ることが出来ません。

2.時期によって日照時間は異なる

観光におすすめの時間を紹介した際に明確な時間を紹介しなかったのは時期によって日没や日の出の時間が違うため、訪れる季節によって最適な時間も変わってきます。

 

場所はどこにある?

パーチヤビルとスリーマの中間の

スピノーラ湾:カーブの所にあります。

行き方

LOVEモニュメントのすぐそばに「Spinola」というバス停があり、

「Spinola」に向かうためには

13・13A・14・16・110・120・121・202・212・222・255・233

これらの番号が書かれているバスに乗ると到着することが出来ます。

最後

作られた意味を知ると観光がさらに楽しくなり、

不思議に感じる逆さまのLOVEにも愛着が湧くかと思います。

海沿いの景色が素晴らしいレストランが多数あるエリアなので

美味しい食べ物のついでに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

こちらからは以上です。

 

【布団の中からマルタ】について

大好きな【布団の中から】死ぬまでに一度は行きたい国【マルタ】の情報を簡単に知れるように名付けました。