【日本食が揃う!】マルタのアジアンマーケットを大分析!

 

  • 日本食が恋しい!
  • 時間があるから本格的に日本食を作りたい!
  • パスタに飽きた!
  • キムチが食べたい!
  • 納豆が…日本のお酒が…味噌汁…
  • みりんがあったら…
  • お寿司パーティーがしたい!

こんな願いを叶えてくれる場所があるんです!

マルタのスーパーでは取り扱っていない日本食やアジアの商品などを専門的に売っている

「アジアン・マーケット」を分析してきます。

どんな物が買えるの?

これらの日本に馴染みのある食材を買えます。

  • みりん、醤油
  • そばつゆ
  • 味噌
  • 胡麻ダレ
  • 大関(酒)、その他日本のビール
  • 烏龍茶
  • 納豆
  • お箸、茶碗
  • 手巻き寿司を作る道具
  • コアラのマーチ
  • カルピス
  • キムチ
  • しめじ
  • どら焼き(冷凍)
  • 抹茶アイス
  • うどん(冷凍) など

 

お寿司を作る道具や材料が揃っているだけではなく、

お箸なども売っているのでプレゼントや日本からのお土産として留学生に渡すと喜ばれます。

お米やカップ麺はマルタのスーパでも買えるので特別感はないです。

店内の雰囲気

店内は中華風の飾りつけをしています。

階段を上がり店内に入るとすぐにレジがあり、1階のフロアでは米や冷凍食品、飲み物が売られていました。

スロープがあり、2階に行くと

みりんや醤油、箸などもこのフロアにあります。

2階の通路は人が1人通るほどの幅しかないので他のお客さんへの配慮が必要です。

商品棚は商品ごとに分かれているのでみりんの棚には日本産、韓国産などが一緒に並んでいます。

気になる値段は?

遠く離れた日本から輸入してるため、

比較的高いです!!

例えば、

  • 本みりん600ml 6€(約720円)
  • コアラのマーチ1.5€(約182円)

量や大きさによって値段が違い、時期や情勢によっても値段に変動があるので詳しくは紹介しませんが例からもわかるように約2倍ほどと考えておくべきでしょう。

それでも、ビジネスとして店が続いているのはヨーロッパの人たちからの関心も高く、少しくらい高くても日本食を食べたいから払うなどの心理があるからです。

会計方法は?

会計は現金、カードの両方で支払うことが出来ます

カードを使えない店もありますがここでは安心です。

商品を入れる袋をもらえますが醤油やみりんなどを買い、重くなることも考えられますし、バスの中や途中の道で忘れてしまう可能性もあるのでバックを用意して来店する方が無難です。

注意事項

「アジアン・マーケット」であり、

「ジャパニーズ・マーケット」ではありません。

韓国、中国、その他の国々の食材もあります。

比率はだいたい

日本:韓国:中国:その他

 2  : 3  : 3   : 2

なので、日本食がたくさん買えると思って店に行き

ガッカリしたと感じる人も多いので

ある程度、揃えられるほどに考えていてください。

営業時間

営 業 時 間

Mon       9:00am  –  21:00pm

Tue        9:00am  –  21:00pm

Wed       9:00am  –  21:00pm

Thu       9:00am   –  21:00pm

Fri         9:00am   –  21:00pm

Sat        9:00am   –  21:00pm

Sun       9:00am   –  21:00pm

基本的には毎日営業しているようです。

ただ、マルタでは告知なしに突然休むなどもあります。

僕が行った時はすべて営業していたので

可能性はとても低いですが 0 ではありません。

シーズンやイベントによって営業をしない(クリスマス、年末年始)などは注意

位置情報

2017年にオープンしたこのお店は

観光客で賑わう「パーチヤビル」地区を

さらに海の方に進んだ所にあります。

遠くから訪れる人は【Qalit】が一番近いバス停です。

最後に

アジアン・マーケットで買った材料と

マルタのスーパーで魚を買うと

絶品のお寿司が出来上がります。僕は作ってもらったものを食べただけですが

留学生からも大絶賛の「sushi パーティー」で楽しんでみてはどうでしょうか。

 

こちらからは以上です。

 

 

【布団の中からマルタ】について

大好きな【布団の中から】死ぬまでに一度は行きたい国【マルタ】の情報を簡単に知れるように名付けました。