【あなたは知ってる?】間違えていた!海外製シャンプーの目的別 正しい英語

 

 

ずっと、シャンプーはshampooと思って生きていました。

マルタに着いてから早速、生活必需品であるシャンプーを買いに行きましたが

初めての場所で種類も多く、説明はすべて英語で何一つわからない!

これが始まりでした。

なんせ、スーパーの一角でこの量。たくさん取り扱っている海外クオリティーに早々に圧倒されます。

とりあえずお金もなかったので「shampoo」って書いてあるからいいや!程度の気持ちでシャンプーだけ購入しました。これが事件のきっかけとなる甘い考えでした。その夜、早速るんるん初海外シャンプーを使ってみると匂いはとってもよく、期待大!

日本にいた時はシャンプーにコンディショナーまで毎日、使っていたので他人に自慢できるほど髪は柔らかくてさらっさらでした。

さらにサラサラになるのかー!って期待も裏腹、流してる途中、すぐに異変に気づきました。

その日の一回のシャンプーで髪はきっしきしに大変身。

生きてきた中で最も硬く、ゴワゴワな髪に早変わり。自分の髪なのに自分のものじゃない感じ。例えるならプールで一日中遊んだ後の髪をさらに傷めた感じ。

こんなことがあっていいのか!!と思い、買ってきたシャンプーの説明を和訳すると【剛毛タイプ】と書いてあり、髪質が猫っ毛の柔らかい人向きではなかったのでした。

自分はきっしきしな状況で怒り半ば外に出て、ふと冷静に街中の人たちを見るとヨーロッパの人たちはみんな髪がさらさらしていてキューティクルの塊みたいな人ばかり。

あれだけのシャンプーの量があったのだから何か秘密がある!そんな思いがあり、辞書を片手に夜、スーパーに行って確かめてみるとたくさん分類されていて、用途にあったものがあると知りました。(日本でもそうだけど日本語だとそこまで気にしないでブランド名で買いがちでして…)

あなたが、同じような状況にならないように大失敗から学んだ留学や長期間海外で暮らす時の失敗しないシャンプー選びの方法をお伝えします。

シャンプー選び

正しいシャンプーを選択するためには正しい英語の意味を知らなければなりません。あなたがどんな目的で購入したいのか、最も近いものの英語を覚えておくと買い物で困った思いをしなくて済むようになります。

Split hairまたはSplit ends  枝毛

乱暴なクシの使い方や日焼けなどで傷んだ髪といえば枝毛ですが、パッケージにtreat sprit endsと書いてある枝毛修復用のシャンプーもあります。

Cuticle  キューティクル

髪の毛は、幾層もの保護膜によって守られていますが、もっとも外側でガードしてくれているものがキューティクルです。つまり、このキューティクルが何らかの原因で剥がれ落ちたりすると、髪の毛の防御力は一気に落ちると考えて良いでしょう。髪自体のツヤを失わせ絡まりやすくなるので、髪の調子を整えたいならこの表記のあるシャンプーを選ぶ方が良い。

Dandruff  フケ

マルタは海の近くなので頭皮の油分・水分バランスが崩れてフケに悩まされることも意外と多いんです。フケの発生は、使用するシャンプーが原因になっていることも考えられます。とくに、しっかりとフケや皮脂を取り除きたいからと、洗浄力の強いシャンプーを使っているなら要注意。過剰な刺激によって頭皮や髪にダメージを与え、フケの発生を加速させている可能性があるからです。洗いすぎには注意。

Hydration 保湿

髪のパサつきや乾燥を防いでくれる「保湿シャンプー」。保湿成分がたっぷり含まれており、髪にうるおいをもたらしてくれるシャンプー。

Softens 柔らかにする

  • 自分の髪質が嫌い・・柔らかい手触りの髪の毛になりたい!
  • 髪の毛が硬くて、すぐに髪型が崩れてしまう
  • サラサラでふわっとした髪型に憧れる!

ゴワついた髪を、柔らかくしてくれるので硬い髪を変えたい方におすすめ。

Smoothing  さらさらにする

  • 髪の毛が傷んでる…
  • 毎朝セットが大変!
  • 外国の人みたいな髪に憧れる

さらさらの髪の毛に憧れている人におすすめで髪の毛がサラッと軽やかになびく姿を目指す方向け。

Frequently straightened hair  頻繁にヘアアイロンをかける髪

ヘアアイロンやコテを毎日使う人は知らないうちに髪の毛にダメージを与えてしまっている。髪の毛に悪いとわかっていながらもスタイリングの時には使う方も多いのではないでしょうか。熱は髪の大敵ですヘアアイロンやコテを使う人のために色々なヘアケアが発売されていて、ケアをしたい方におすすめ。

Leave-in conditioner 洗い流さないコンディショナー

日本では洗い流さないトリートメントのことで入浴後にしようするもの。オイルタイプ、ミルクタイプなどがありヘアアイロンやコテなどを頻繁に使用する方にはオイルタイプ、しっとりとした手触りを重視したい方はクリームタイプ、軽やかな印象にしたい方はミルクタイプがおすすめ。

Volumizing ボリュームを出す

「元気だった髪がパサパサしてきている」や「分け目が目立って気になるんです」

という30代以降多くなる髪のエイジングにお悩み方におすすめ。頭皮の老化や女性ホルモンの乱れなどにより毛量や毛の細さが足りないと悩んでいる方に。

Dry shampoo  ドライシャンプー

ドライシャンプーはスプレー式、ムースタイプ、パウダーと形状は様々ですが、使用後の水洗いが必要ないというのが共通点です。 フケを取り除き髪の余分な油分を吸着、調整する効果がありますし、可能ならドライヤーを使用することで自然なボリュームやサラサラ感を蘇らせることもできます朝やアフター5の身だしなみ用など、今ではお洒落グッズとしてより身近なものになってきています。「乾燥した髪用」のシャンプーというわけではありませんので要注意です。

 

Detangle からまりを解く

髪が絡まりやすい人の特徴として、髪質が柔らかく、ぺたっとしているカラー、パーマなどで髪(キューティクル)が傷んでいる、朝起きた時のブラッシングが一苦労、クシも通らないようなくせ毛で困っている方に向いている方におすすめ。

Clarifying 汚れをしっかり落とす

体の中から出てくる、皮脂と古くなった角質や体の外が原因の髪や頭皮にたくさんのほこりや花粉などの汚れをしっかりと落としたい方におすすめ。汚れをしっかり落としたいから、という理由で洗浄力の強いシャンプーを選ぶのはNG。洗浄力が強いシャンプーは、頭皮への刺激も強いため、何日かに1回ほどのペースで。敏感肌の方は負担の少ない低刺激のアミノ酸シャンプーがおすすめです。

Straightening まっすぐ(直毛)にする

遺伝的なくせ毛はなかなか改善するのが難しいのが正直なところです。ですが、後天的原因によるくせ毛であれば、その原因を改善してあげることで、くせが少なくなっていたり解消することも可能で保湿だけでなく栄養補給やくせ毛のメカニズムにアプローチしてくれる成分を配合しています。

Reversing perms パーマを蘇らせる

美容院でやったパーマヘアをふんわり軽く、しっとり、なめらかな洗い上がりに仕上げたい!パーマを長持ちさせる、パサつきを抑えてしっとりまとまる髪をつくるシャンプーを探している人におすすめ。

最後に

せっかく海外に来たのならファッションだけではなく、自分自身も美しくなって生活したいところですね!ノンシリコンシャンプーや育毛剤であっても3か月ほど使い続けると効果を実感し始めるようなので選ぶときに間違えていなければ、ある程度の期間は信じて使い続けてみてください。

こちらからは以上です。

【布団の中からマルタ】について

大好きな【布団の中から】死ぬまでに一度は行きたい国【マルタ】の情報を簡単に知れるように名付けました。