【知らなかった!】白いソーセージの正しい食べ方を解説

ソーセージを正しく食べてください。

 

ただ焼いて、ケチャップをつけて食べてきた人生なのにそんなのわからないよ!と心から思いました。

日本ではよくても、ソーセージの本場ドイツではそうはいきません。

しっかりと正しい食べ方があったのです。

ドイツの人々の”ソーセージ愛”や実際に教えてもらった食べ方などを紹介していきます。



ソーセージ消費量世界一位!?

ドイツのレストランでは「安くて量が多い」場所が人気店となる傾向にあり、味はそんなに気にしておらず、とりあえずいっぱい食べたい!と思っています。

ドイツ人が1年に消費する肉(ソーセージ以外も含む)の量は

日本 31.4kg
ドイツ 88.3kg

日本人の2倍以上の量を食べているんです!

日本の代表的な食材に例えると

約5個分の納豆を1年間毎日!食べる量に相当します。

たとえは大げさですが

ものすごい量を食べてることがわかります。

一緒に生活していたドイツ人の友達もわざわざスーパーで大量に買って朝昼晩で食べていました。

それだけソーセージを愛しています。

補足
その分、間違った食べ方をするのは侮辱に値すると言っても過言ではありません。日本で箸やフォークを使わず、手で食べるのは不快感を覚えますがそれが当たり前の国もあるのでその国の文化やマナーを理解しておきましょう。

街で見かけるソーセージ

店頭のソーセージ

写真を見ていただくとソーセージだけでこんなにあるのか!?と思うくらいたくさんの種類が販売されています。

短いものや長いもの、白いや赤、黒っぽいものがあり、すべて、食感や味が違います。

屋台のホットドック

ドイツでは屋台で売られていて、どこでも目にすることが出来ます。ソーセージは温かいのに対して、パンは冷たいものでした。

この食べ方が主流なのかもしれません。

そんなことはないことを願っています…

パンが冷たくても十分美味しいですが、定員の方に温めてもらった方よいでしょう。

つまり!
街中で売られているソーセージには正しい食べ方はないのです!

どうぞ、ご自由に食べなさい!と言わんばかりにお好みの食べ方をします。

どのソーセージに食べ方があるの?

ここからが本題です。

街中のソーセージは自由に食べていいのに何が正しい食べ方だ!?とお思いの方もいるでしょう。

すべてのソーセージに食べ方があるのではなく、「ソーセージ界の王」とも呼べる

Weiβwurst

ヴァイスヴルスト

このバイエルン州ミュンヘン伝統のソーセージに正しい食べ方があります。

ヴァイスヴルストは何が違うの?

原材料
よく挽いた仔牛の肉や、新鮮な牛肉などから作られていて、通常は風味づけにパセリ、レモン、タマネギ、ショウガなどを使用します。

他のソーセージと最も違う点は

屋台では販売されず、

レストランの中でしか食べれない点です!

レストランでしか食べれない理由

ヴァイスヴルスト繊細で非常に傷みやすいため、早朝に準備して、朝食と昼食の間のスナックとして食べることが伝統的な食べ方です。

ヴァイスヴルストの”ことわざ”がある

ソーセージは教会の正午の鐘を聞くことを許されない。

なぜ、このようなことわざがあるかというと

最新冷凍技術をもってしても、

夏場、夕方には味が落ちてしまうそうです。

そのため新鮮なソーセージを毎日作ります。

10時開店のお店だと12時までの

2時間の間でしか食べることが出来ないということです。

わざわざこの2時間のために

お店は準備する特別待遇なんです。

実際、開店後すぐに満席になりました。

実際食べてみてこんなソーセージがあるのかと感動したのを覚えています。

白いソーセージの正しい食べ方

テーブルには温かい茹で汁の入った大きなボウルで運ばれてきます。

冷めるのを防ぎ、鮮度を落とさないためです。

その後、店員の方がお皿に移してくれます。

“外に覆われている皮は食べない”

ナイフとフォークを使い、ソーセージの中身だけを取り出して食べます。

初めての経験なのでうまく出来ないかもしれませんが、お皿の上を汚してしまうのはスマートとは言えません。

お皿を汚さずに食べる方法は2種類あります。

①簡単に中身だけを取り出す食べ方

  1. 真ん中に切れ目を入れる
  2. 切れ目からフォークを入れ込む
  3. フォークを外側に向けてクルっと回す

②現地の伝統的な食べ方

  1. 両端を切り落とす
  2. ソーセージに切れ目を入れる
  3. 皮を剥く

現地の伝統的な食べ方を楽しむのも良いかと思います!

自分はもったいない精神を発揮してしまい、中身をすべて食べれる①の食べ方をしました。

ブチブチと音がするほど皮がしっかりしているので驚くことでしょう。

味の変化を楽しむために

ヴァイスヴルスト甘めのマスタードドイツのパンとして知られる「ブレッツェル」と一緒がついてきます。

そのまま食べても美味しいですが、甘味のマスタード、塩味のブレッツェルで味を変えながら楽しむのも伝統的な食べ方のようです。

よくある質問 Q&A

Q. 鮮度を落とさずに食べるには?

冷めてしまうとすぐに味が落ちてしまいます。テーブルに提供される際にボウルのフタも一緒についてくるので、食べるたびにフタを開けて白いソーセージを取り出したらまたすぐに閉めることが効果的です。

Q. どんな順番で食べたらいいの?

ヴァイスヴルスト以外にも食べ物を注文してしまい、鮮度を気にして他の物が冷めてしまった…なんてことが起こる可能性もあります。ヴァイスヴルストを前菜として先に食べてしまうことが最も美味しく食べれるかと思います。店側も鮮度の良い状態ですぐ出したいと考えているので一番最初にヴァイスヴルストを持ってきてくれました。

Q. 予約しないでも食べれるの?

自分が行った時はミュンヘンのレストランに予約なしで入店し、食べることが出来ましたが10時開店で10:01に行けたからこそ入れたと思います。実際、すぐに予約客でいっぱいになりました。計画性のある旅である場合、予約は必須でしょう。

最後に

正直、とっても美味しいです!!わざわざ、レストランを探して30分歩いた甲斐があったなと思えるほどでした。

騙されたと思って是非、ドイツに訪れた際には食べてみてください。

こちらからは以上です。